Ondine Magazine[オンディーヌマガジン]
振袖選びの基本特集記事

振袖はレンタル? それとも購入?どちらがお得なの??

振袖選びをスタートすると、よく目につくのが「レンタル価格」と「購入価格」。

成人式の振袖はレンタルと購入どちらがよいのでしょうか?

振袖をレンタルで利用した場合と購入した場合のメリットデメリット費用感についてまとめてみました。

 

振袖をレンタルする場合のメリットは?

振袖をレンタルする場合のメリットは、例えばこちら。

  • 購入するよりも安く抑えられる(約30%~50%ほど)
  • 小物一式や前撮り写真撮影がセットになっているケースが多い(小物一式のアイテム数が限られる場合が多い)
  • 将来のことを気にせず、今流行りの振袖を気軽に選べる
  • クリーニングやメンテナンスの手間を省ける(イベントが終わったら返却するのみ)

購入しても、1~2回くらいしか着る機会がなさそうな場合や、そのときの好みのデザインで振袖を選びたいという場合ならレンタルがオススメです。

 

反対に振袖をレンタルする場合のデメリットは?

反対に、振袖をレンタルする場合のデメリットは…

  • 2~3回以上着用するなら、購入するよりも割高になってしまう
  • サイズやデザインが限定されてしまう
  • 人気の振袖や、新作の振袖はなかなか予約がとれない

など。

成人式以外にも、卒業式や結婚式、その他のイベントのケースも考える必要がありそうですね。
また、人気の振袖や最旬・最新の振袖は、予約が取りにくい点も要注意です。

 

振袖を購入する場合のメリットは?

振袖を購入する場合のメリットについても検討してみると…

  • 2~3回以上着用するなら、レンタルよりも割安に
  • 小物一式や前撮り写真撮影がセットになっているケースが多い(小物一式のアイテム数が多い場合がある)
  • いつでも着たいときに着ることができる
  • 自分に合ったサイズに仕立ててくれる(着やすい/動きやすい/美しい)
  • 姉妹と着回しができる、子どもにも残せる
  • 大切な思い出の品になる

2~3回以上着用するなら、レンタルよりもお得になりそうですが、着やすさや動きやすさ、美しさも大切なポイントになりそうです。
姉妹や子供にもシェアできたり、将来思い出の宝物になりそうな点も単なる経済的なメリット以上のポイントですね。

 

振袖を購入する場合のデメリットは?

振袖を購入する場合のデメリットについては…

  • 1~2回くらいの着用ならレンタルよりも割高になる
  • 将来、デザインや柄の好みが変わるかもしれない
  • 保管するスペースが必要になる
  • アフターケアやメンテナンスも注意が要る

単純に1回程度しか着ない、1度きりと思わえている方は、断然レンタルが良さそうです。
保管やメンテナンスの手間を省けるのもポイントですね。

 

それぞれの費用感や相場は??

レンタルの場合、成人式シーズンなら15万円~25万円が多い価格帯です(成人式シーズンは海外旅行と一緒で利用者や予約が多いためレンタル料が高騰します)。
また、レンタルの場合も小物一式や前撮り写真撮影、ヘアメイク、さらには当日着付けがセットになっているところが多くあります(別の場合もあります)。

購入の場合の価格は、作りや素材などによって大きく変わりますが、30万円~60万円前後がよく購入される価格帯です。
購入の場合も、小物一式や前撮り写真撮影、ヘアメイク、さらには当日着付けがセットになっているところが多くあります(別の場合もあります)。

また、姉やお母さんの振袖を着て帯や小物だけ揃えたいという場合や、それらも揃っていて着付けとヘアメイクだけが必要という場合は、もっと抑えることができますよ(着付けとヘアメイクだけが必要なら、1~2万円前後)。

 

まとめ

いかがでしたか? 
振袖選びに是非お役立てくださいね。

また、振袖専門店オンディーヌでは、どちらの場合でも充実したプランを揃えています。
とくに、小物一式や前撮り写真撮影、ヘアメイク、当日着付けもセット及びご案内してますので、すべてが一箇所で完結できとても便利でお得となっております(お店もお店を含めた当日着付けの会場も、最寄りの駅チカです)。

オンディーヌHPはこちら
オンディーヌ店舗一覧ページから各店舗ページをチェック
オンディーヌマガジンで各店舗の記事をチェックする

Twitterでお得な情報や更新情報を配信中♪ 
LINEで送る
Pocket

Ondine Magazine[オンディーヌマガジン]
オンディーヌマガジン編集部
オンディーヌマガジン編集部です。おすすめフェア情報や特集記事をメインに配信いたします。